「鬼滅の刃」187話の『すみれ』が無垢過ぎて語りたいっ!~ネタバレ~【北海道でもジャンプは売ってます】

鬼滅の刃187話・・・。
今週のジャンプも目の離せない展開でした・・・!!

 

※注 この記事はネタバレとなります。
コミックス派、アニメ派の方は
絶対に読まないで下さい!!

 

 

では、さっそく187話をみていきます!

無垢なる人

炭治郎の先祖、炭吉。
その記憶の中に迷い込んだ炭治郎。
そこに縁壱さんが訪ねてきており、無惨の話をしています。

鬼狩りとなり、無惨と対峙した縁壱さん。ここまでが先週までの話でした。

Left Caption

こころ

この男を倒す為に生まれてきたっ!
Right Caption

咲夜

・・・ってゆうところだね!

縁壱さんからみた無惨の印象から始まります。
無惨は、暴力的な生命力に溢れ、
グツグツと煮えたぎるようなほどの強さのようです。

「呼吸を使う剣士にはもう興味がない」

そう言うと、縁壱さんに攻撃をしかけていきます。
それは、驚くべき速さと間合いで、
縁壱さんが“初めて背筋がひやりとした”くらいの凄まじい攻撃でした。

「透き通る世界」を持つ縁壱さんから見て、
無惨は、心臓が七つ、脳が五つもあったようです・・・!
これはコワイですね・・・(;^ω^)

ですが、さすが縁壱さん。
ひるむことなく無惨と戦い、何と!!

この瞬間に『剣技の型』が完成するという極限状態に達します!!
そして、無惨を斬る縁壱さん。

Left Caption

こころ

すごい!!
Right Caption

咲夜

縁壱さん、本当にスゴイ人だったんだね~!!

完成した型とは十三個目の型なんでしょうか!?
炭吉の中の炭治郎は知りたがりますが、その思いは言葉にはなりません。
記憶の中に入っている炭治郎の意思は、反映されないからです・・・。

場面はまた縁壱さんと無惨の戦いに戻ります。

縁壱vs無惨の行方

頸を斬られ困惑する無惨。
斬られた頸が落ちぬよう支えていますが、繋がることはありませんでした。

そんな無惨に縁壱さんは、どうしても聞きたいことがあったのです。
それは・・・、

「命を何だと思っている?」

しかし、返答はなく、その言葉は届いていない様子で、
無惨の顔は、怒りで赤黒く膨れ上がっていきます。

Left Caption

こころ

どうしても聞きたかったんだね・・・。
Right Caption

咲夜

縁壱さんにとって、重要なことだったんだね・・・。

ふと縁壱さんの視界に入ったのが、
無惨と一緒に居た娘さん、つまり珠世さんですね。

珠世さんは無惨を助けようともせず凝視していたようです。
それも、希望に満ちた瞳で・・・!!

そして、縁壱さんは無惨にとどめを刺そうとしますが、その時!!

勢いよく無惨は無数の肉片となり弾け飛びます!!
この数1800!!
しかも1500と少しを斬った縁壱さん!!
凄すぎます・・・。
数が分かるのも、そのうちの大半を斬れるのも・・・!!

ですが、残りの肉片は頭ほどの大きさでした。
つまり、無惨には逃げられてしまったということになります!

のちに無惨が炭治郎の耳飾りをみて、
過去の剣士の記憶を思い出しているのは、
こういったことがあったからなんですね!

Left Caption

こころ

・・・逃げられちゃったんだね・・・。
Right Caption

咲夜

ショックだったろうなぁ・・・。

無惨に逃げられ、一番ショックが大きかったのは珠世さんだったようです。
泣きながら倒れ、
「もう少しだったのに」
「死ねばよかったのに生き汚い男!」

なんて暴言を吐いています・・・。

正気を取り戻した珠世さんは、
無惨について、詳しく縁壱さんに話してくれたようです。
縁壱さんが死ぬまで姿を現さないだろうとも。
そして、縁壱さんは無惨を倒す手伝いを頼んだようです。

Left Caption

こころ

この時もうすでに・・・、
Right Caption

咲夜

珠世さんは無惨を倒そうとしていたんだね・・・!

縁壱さんのその後・・・

その後、縁壱さんは煉獄さん似の仲間から、お兄さんが鬼になったと聞きます。

さらに、
無惨を倒せなかったこと、
珠世さんを逃がしたこと、

兄が鬼になったことの責任を取る為に、鬼狩りを追放されます。
一部の者から自刃せよ、つまり「切腹しろ」とも言われてしまいます。
しかし、お館様が止めたようですね。
この時のお館様は6歳で、当主になったばかりだとのことでした。

時代的に武士の責任の取り方は切腹だったのだろうし、
それでもそれを止めるお館様は、
幼いながらも思慮深い素晴らしい人間であることが分かります。

縁壱さんは炭吉に、

「私は恐らく
無惨を倒すために、
特別強く造られて生まれてきたのだと思う」

「しかし私はしくじった」
「 心苦しい」

そんな言葉を言います・・・。

辛く、悲しい出来事。
最愛の者を殺され、復讐を果たすチャンスを逃し、
兄は鬼と化し、責任を取らされる・・・。
そして、それを悔やみ、深い苦しみの中で生きる縁壱さん。

Left Caption

こころ

悲しすぎる・・・。
Right Caption

咲夜

ダメだ、泣いてしまう・・・。

炭吉も炭治郎も何も言えなくなっています。
かける言葉がなく、沈黙が続いていきます・・・・・・。

縁壱を救う無垢

そんな時、「だっこぉ」
縁壱さんにせがむ炭吉の娘「すみれ」
縁壱さんは、頼まれるがままに、すみれにタカイタカイをしますw

「キャー」「キャハハッ」喜ぶすみれ。
それを見て、涙する縁壱さん( ;∀;)

そこに帰ってくる、炭吉の妻「すみ子」

夕焼けの中、娘を抱きしめる縁壱さんに気付き、
「あれぇ?縁壱さんじゃない」
「そんなに泣いてどうしたの!
おなかいっぱいご飯たべさせてあげますから」
縁壱さんの頭を撫でながら、笑顔で励ますすみ子。

炭治郎が、
戦いの最中であり、
一緒に時を過ごした人ではないことは分かってはいつつも、
「縁壱さんの心が、
ほんの少しでも救われることを
願わずにはいられなかった」

ここで本編は終了となります!

Left Caption

こころ

ステキな人だね!すみ子さん!
Right Caption

咲夜

本当!縁壱さんの頭を撫でちゃうなんてね!

最後に

今週の題名『無垢な人』は、
最後に出てくる炭吉の娘と妻ですね!
この二人の純粋で無垢な言動によって、
傷付いた縁壱さんの心がほぐれていくのが分かります。

守れなかった自分の妻子(うたとそのお腹の子供)に、
この炭吉の妻子(すみ子とすみれ)が重なってしまったんでしょうね・・・。
思わず涙してしまうのが、痛いほどよく分かる場面でした( ;∀;)

炭治郎も『十三の型』のことは一時忘れ、
縁壱さんが少しでも楽になるようにと思っています・・・。

縁壱さんが言う「この世はありとあらゆるものが美しい」とは、
こういった、何気ない家族の愛があることなんでしょうね。

Left Caption

こころ

今回は本当ダメだわ・・・。
Right Caption

咲夜

久しぶりに号泣の回だったね・・・。

そんな今週の鬼滅の刃ですが、
今後はどうなるのでしょうか!?
縁壱さんから十三の型について聞き出せるのでしょうか?
それとも、このまま現在の戦いへと記憶は戻っていくのでしょうか?
炭治郎の元に向かった禰豆子も気になります・・・。

来週も目が離せませんっ!

コミックス18巻についてはコチラです👇

情報満載必見のファンブックについてはコチラです!!👇
最後まで読んでいただきありがとうございました♨

 

   

「鬼滅の刃」最新刊をみてみる

「鬼滅の刃」BD・DVDをみてみる!