北海道限定の「やきそば弁当」にこんな種類があった!?そのカロリーは?~たらこバター編~

北海道限定のカップやきそば、やきそば弁当。
色んな種類があって、中には期間限定のも多くあるのですが、
今日はその中の『たらこバター』について紹介したいと思いますっ!

Left Caption

こころ

これは前からあるよね
Right Caption

咲夜

うん、みたことある
 
はい。この「たらこバター」は、前からあります。
ただ、期間限定でまた消えては、出てくるみたいな感じです。

今はちょうど、この「たらこバター」が店頭に並んでいる時期なので、
あると思わず買っちゃう感じですねwww

 

カロリー

まずは、気になるカロリーからいきますね。


519Kcal!
さすがやきそば弁当、なかなかのカロリーです。
でも、やっぱり見ちゃうのはその塩分!

本体だけで5.4g!
スープを入れると+2.3g!
総塩分量7.7g!!!

・・・はい。
前に「やき弁の激辛味」でも書きましたが、
日本人の一般的な1日あたりの塩分摂取量は約10g。


世界保健機関(WHO)が推奨する
成人の1日の塩分摂取量は5gとされているので、
かるーくオーバーしちゃいますね(^_^;)

はい、ですが、そんなこと言ってたら何も食べられません!
3食毎日食べる訳じゃありませんし、他の食べ物にも
もっと塩分やその他の添加物が
満載なものはありますので・・・(極論過ぎるか・・・(^_^;))

やき弁をレビューする上で、このカロリーや塩分という所は

一応避けてはいけない所だと思いまして、書いておきました。
ちょっと大げさ過ぎましたね・・・www
 

内容

さて、続いていきましょう!
アレルギーや原材料です。

東洋水産の本社は東京ですが、工場は北海道の小樽の銭函なんですね。
小樽も観光名所がいっぱいあって、とてもいい所なので、
機会があれば記事にしていこうと思っています。

さて、やきそば弁当たらこバター味の中身です。


ノーマルのやき弁よりもいっぱいありますね。
やき弁特有の、もどし湯を使って作るスープもあります!

これ、何と!

通常は中華スープなんですが、このたらこバターには
コンソメスープが付いているんです!

種類によってスープの味も変わるんですね!
ちゃんと考えられています。さすがやき弁ですね!

では、お湯を入れて3分待って、
しっかりとお湯切りしましょう!


ここを怠ると、ベチャベチャになって美味しくありません。
お湯切りも、
ちゃんとスープの素を入れたカップに注ぐのをお忘れなく!
私は良く忘れてシンクにそのまま捨てちゃうこと多いですから・・・(^_^;)
カップにむなしく残るスープの素・・・。

さて、粉末スープを入れてよくかき混ぜます!
ここもよーくかき混ぜるのがポイントです。
味が均等にならなくなっちゃいますからね。

Left Caption

こころ

あともうちょっと!
Right Caption

咲夜

早く食べたいね!!
 
次に特製油を入れて、また良くかき混ぜて、
ふりかけ(青のり)をかければ・・・出来上がりです!!


↑出来上がりです。コンソメスープの色がやっぱりいつもの中華と違いますね。
美味そうです・・・!

 

食べてみる

食べてみると、本当に『たらこバター』って感じの味です。
まろやかで優しい味がします。
油がコクとその甘みを引き出しています!

通常のは、やっぱりやきそばならではの「ソース感」が出てるんですが、
こちらは全く違う優しい、食べやすい味になっています。

なので、スルスルとあっという間に食べれちゃいます(*^_^*)

前回の激辛は本当に辛かったですが、
このたらこバターは
バターの香りが食欲をそそり、
やき弁の違う魅力を感じさせてくれます!

機会があったら、是非一度ご賞味ください!
ありがとうございました!♨