北海道柳月(りゅうげつ)のゴマソフトは一度は食べたい逸品!【スイートピアガーデンがオススメ】

2019年8月12日

北海道を代表するお菓子メーカーのひとつ、
柳月(りゅうげつ)
ここは、私の故郷、十勝のお菓子メーカーなんです。

今や、北海道全域に40店舗以上があり、
道内なら、どこでも見かけられるお店となっています。
東京でも、アンテナショップなら
柳月を見たことがある人が居るんじゃないかと思います。
柳月のお菓子と言えば、『三方六』が有名ですが、
今回はソフトクリームについて書きたいと思います!

 

Left Caption

こころ

これは・・・!
Right Caption

咲夜

ゴマソフトか~!美味しそう~!

柳月とは

柳月の歴史は古く、
1947年、昭和22年にその産声をあげました。
十勝という大きな大地の中で、自然の恵みの恩恵を受け、
素材の良さを活かした、リーズナブルで美味しいお菓子を作り続けています。

子供の頃から、良く食べましたね~。
十勝にはもうひとつ、
「六花亭」(ろっかてい)という大きなお菓子メーカーがあるのですが、
柳月と六花亭のお菓子は当たり前に身近にありましたね。

ウチに居ても、両親が買って来たり、
出かけた時に、3時のおやつとして買って来たり、
もう何となく寄って、何となく買って帰るみたいなw

それだけ十勝人には身近でした。
リーズナブルで手軽で美味しいっていうのが、根付いた理由なんだろうな(*^_^*)

そんな柳月ですが、ソフトクリームがとっても美味しいんです!
オススメは黒ゴマソフト!

この柳月のソフトクリームのバニラなんですが、
同じ十勝の超有名牛乳メーカーである
「よつ葉乳業」がオリジナルで作成しているもので、
濃厚でありながら、さっぱりとした後味。
さらに牛乳のコクを、口全体に感じられる非常に美味しいバニラなんです!

 

黒ゴマソフトの魅力

種類はバニラ、黒ゴマ、ストロベリーで、
それぞれのミックスもあります。
中でも黒ゴマがオススメなんです!

これ、ただのゴマソフトと思ったら大間違いなんですw
“非常にゴマゴマしい”んですwww

全面にゴマの味がガツンときます。
ゴマをそのまま食べているような錯覚がするくらい?ゴマっています(^_^;)
香ばしいゴマペーストに、さらにスリゴマが混じっているんです。

なのに、しつこくない・・・!
よつ葉のバニラと相まって、見事にバランスがとれているんです!

一見、バニラもゴマも主張が激しいんですが、
仲良く手を繋いで、コンビで魅力を引き出しあっているんです。

また、このボリュームがスゴイ・・・!
重いのなんのって・・・!
持っている手首が疲れちゃうくらいですw

コーンはノーマルとワッフルが選べるのですが、
私はワッフル一択です。
なので、全体のボリュームがたまりません・・・。

あんまり食べられないよ、という方は、
ノーマルのコーンにしても大丈夫だと思います!

ドライブがてらに

北海道も春めいてきて、出かけるのがとっても気持ちの良い日がやってきます。
札幌圏にお住まいの方は、
高速道路を使って、帯広まで足を延ばしてみてはいかがでしょうか?
道外の方も、レンタカーを借りて、是非北海道の大きな大地を走ってみて下さい!
新千歳空港からでもちょうど2時間半くらいで帯広に来れますので、
ドライブにはいいですよ!

そんな十勝帯広が柳月のホームとなりますが、
帯広の隣町の音更町に、「スイートピアガーデン」というお城のような
大きな柳月のお店があります。
そこは、工場と大きな売り場が特徴となっており、
工場見学も出来ちゃうという、エンターテイメント性が高い店舗となっております!
高速のICを降りたすぐの所なので、アクセスも抜群です。

十勝の広い何もない所にドドンと建っているので、
遠くからでもすぐに分かりますw

スイートピアガーデン店の情報・・・
現在は、冬期営業時間(2018年11月5日〜2019年4月14日)となっており、
店舗/午前9時から午後5時まで
喫茶/午前9時から午後4時半までの営業です。
※4月15日からは、1時間営業時間が延びます。

音更帯広ICから800m。
帯広駅からは車で15分くらい。
駐車場は大きく、200台くらい停められるので、
混んでいても確保出来ます。

Left Caption

こころ

ちょっとあったかくなってきたしね
Right Caption

咲夜

十勝方面はドライブには本当いいかも!

また、ソフトクリームについては、
スーパーなどに入っている小さい店舗は無いことが多いです。
また、食べれても、季節によって黒ゴマが無かったりします。

ですので、十勝の方以外も、
是非、柳月のホームまで足を伸ばして、
スイートピアガーデンで黒ゴマソフトを食べてみて下さい!!

最後まで読んでいただきありがとうございました♨